子どもの鼻づまりにママは寝不足…ハッカ油(ミントオイル)が救世主に!?

スポンサーリンク

寒暖の差が激しくなってるくと、子どもも大人も体調を崩しやすくなりますよね。
どんなに気を付けていようとも、風邪はひくもの…

わが家でも子どもたちの鼻水が出始めると危険信号!
きたか!と思うとその夜には
お鼻つまっちゃったー!!
のコールで何度も起こされます。

このコールは子ども2人に連鎖します。
つまり母ちゃんは眠れぬ夜を過ごすのです…

そんな話を実家の母(元看護士)としていると、秘密兵器を渡されました。
ハッカ油のスプレーです。

これを寝る時に胸元に吹きかけるとジワジワと鼻の通りが良くなるのです。

ハッカ油詳細

スポンサーリンク

注意点

さわやかな香りとスースー効果でおなじみのハッカ(ミント)。
使用する際には少し注意点が…

①肌に触れないようにする
子どもは不思議な香りに興味を示すでしょう。
しかし、これが肌に触れたりするとスースー効果で小さな子どもはパニックになる可能性があります。
触った手で目をこすったりしたらもう大変です!

②パジャマにシミや香りが残ってしまう
濃度にもよりますが、オイルなのでお洗濯では落としきれないことがあります。
汚したくない場合はティッシュやコットンなどにスプレーし、枕元に置いても効果があります。

③即効性はない
薬ではありません。
民間療法なので、香りを嗅いだからってすぐに鼻の通りが良くなるわけではありません。
わが家でも鼻がつまってイライラしている息子が怒ったりしますが、

むすこ
むすこ

なおらないじゃん!

いちかげ
いちかげ

だんだん効いてくるからね。
目をつぶってゆっくりお鼻でにおい嗅いでみて~
スースーしない?

と落ち着かせながら効果を待ちます。
(だいたい待っている間に寝てしまいます。)

④子どもが嫌がる
そもそもハッカの香りが苦手な場合があります。
初めての時や久しぶりに使用する場合はスプレーする前に軽くクンクンさせてみて確認してもらいましょう。
寝ている間にどうしても苦しそうだと思ったらコッソリ少しだけスプレーしてみてもいいかも。

その他の利用方法

もちろん鼻づまり以外にも利用方法はたくさん!

①お部屋でアロマオイルとして

②お風呂に数滴入れて、アロマバスとして

③虫除けに

④夏場のシャンプーに混ぜて爽快シャンプーに
※お子さんには向きません

ちなみに北見ハッカ通商のハッカ油は食品にも使用可能です。

いちかげ
いちかげ

やっはり母ちゃん、ミントと言えばモヒートかな(笑)

 
風邪の度にお子さんの鼻づまりに悩まされているパパさん・ママさん、
一家に1本、ハッカ油をお守り代わりにいかがですか?
お子さんもスース―付けているから大丈夫!と落ち着かせる効果も期待できますよ。
 
お子さんの体調が早くよくなりますように☆
 
にほんブログ村に参加中です♪

いちかげンちの母ちゃん - にほんブログ村

 

子育て
スポンサーリンク
いちかげをフォローする
いちかげのゆるブログ
タイトルとURLをコピーしました