【簡単】水っぽくならないブロッコリーの茹で方を解説!簡単レシピ付き

スポンサーリンク


わが家のお弁当に欠かせない食材…

それはブロッコリー!

きれいな緑で彩りがプラスされるし、いい感じにお弁当箱のスペースを埋めてくれます。

それに、

子どもたち
子どもたち

お野菜だけどブロッコリーは好き!

夫

タンパク質が入ってるからブロッコリー入れてほしいんだよね~
※ダイエットからの肉体改造中(笑)

と、子どもたちからも夫からもリクエストされます。

でも、ブロッコリーって茹でると房の部分に水分が残ってベシャ~ってなりませんか?

夫

となりの唐揚げがおいしくなくなる…

スポンサーリンク

水っぽくならないブロッコリーの茹で方

方法はとっても簡単!

①まずは食べやすい大きさに切ったブロッコリーを流水で洗います。

②沸騰したお湯に塩を1つまみとブロッコリーを入れます。

③ブロッコリーをお好みの硬さより少し硬めまで茹で、ザルにあげます。

私、鍋ではなくフライパンに少量の湯で茹でる派です。※フタします。

え?
わりと普通の茹で方じゃない??

 

そう、ここまでいたって通常の茹で方ですよね…

ここからがひと手間!

水にさらさず、ザルにあげたブロッコリーを房が上↑茎が下↓に向けて並べます。

いちかげ
いちかげ

熱いから気を付けて!

そして、荒熱をとるためにしばらく放置。



はい、完成!!

ポイント

水にさらさずに、熱いまま置いておくのでその間も柔らかくなります。
なので、お好みよりも少し硬めでお湯からあげてくださいね。②料理工程の1番最初にやっておくと、冷ます時間がつくれるのでおすすめです。
レンジでチンの方がブロッコリーの栄養成分が水に溶け出さなくて良いんだそう。
しかし、食感が変わってしまい子どもたちが拒否したので…わが家は茹でています。

【おまけ】子どもたちがパクパク食べるブロッコリーレシピ

あなたのお子さん、ブロッコリーお好きですか?
マヨネーズをかけるだけでも、おいしくいただけるブロッコリーなのですが…

サラダやシチューに入ったブロッコリー、うちの子たちは以前は全く食べませんでした。

ある時、保育園の給食の献立表に「ブロッコリーのおかか和え」なるものを発見。
試しにイメージで作ったら大ヒット!
わが家の食事・お弁当の定番メニューとなりました。

子どもたち
子どもたち

これ、好きなんだよね~

おかか和えの作り方

 
上記の方法で茹でたブロッコリーにかつお節しょう油で和えるだけです。

いちかげ
いちかげ

めっちゃ簡単だから、
ぜひお試しあれ~!

少し時間をおいてから食べる方が味が浸み込みますが、うちの子たちは和えた直後でもよく食べます。
このおかか和えでブロッコリーに抵抗感が薄れたのか、他の料理に入ったものも食べるようになってきました。

こちらのメニューは、離乳食完了くらいから食べさせられますよ。
硬さやしょう油の量を調節してみてくださいね。

 

 

にほんブログ村に参加中です♪

いちかげンちの母ちゃん - にほんブログ村

 

家事
スポンサーリンク
いちかげをフォローする
いちかげのゆるブログ
タイトルとURLをコピーしました