子どもと無印のヘクセンハウス!生地からつくって達成感…より後悔?

hexen-house
スポンサーリンク

こんにちは!
6歳息子と4歳娘のお母さん・いちかげ@ichikage856です。

クリスマスにピッタリのかわいいヘクセンハウス

いちかげ
いちかげ

ヘクセンハウスとはお菓子のいえのこと。
ドイツ語なんだって~

でも、つくる前にちょっとこの記事を読んでみてください。

時々、子どもたちとクッキーやパンをつくったりする私ですが
「生地からつくるヘクセンハウス」に悪戦苦闘。。。

結論から言うと、
小さい子どもと一緒につくろうとするのはおすすめしないです。

正直、私は途中で何度も後悔したので…
もしヘクセンハウスをつくる予定なら、ぜひ前情報としてご覧いただけたらと思います。

スポンサーリンク

子どもと無印のヘクセンハウス!生地からつくって…後悔

11月半ばのある日曜日、子どもたちと無印良品に立ち寄りました。
そこで息子が見つけてしまってのが

「自分でつくる 生地からつくる ヘクセンハウス」
hexen-house
無印良品ネットストアより

LEGOなどの組み立てるあそびが大好きな息子は大興奮!
組み立てるだけのヘクセンハウスもあったのに、わざわざ生地からつくる方を選んで放しませんでした。

hexen-house

ま、このあと予定もないし、家でゆっくりつくるか。

いちかげ
いちかげ

と思った自分に全力で「後悔するからやめておけ!」と言いたい

生地からつくるヘクセンハウス、外箱の説明チェック

買う前にもっとしっかり外箱の説明チェックをしておけばよかった…
と後悔したので少し解説します。

文字が小さくて見えづらいですね。ごめんなさい!

hexen-house hexen-house

hexen-house hexen-house

 

箱の説明から見落としがちな「◎はじめる前に」

「所要時間180分」と書いてありますが、生地づくりからのカウントですので注意が必要です。

「◎はじめる前に」要約
・用意する(セット以外)材料の軽量
・型紙をはさみで切る
・牛乳を室温に戻す
・卵黄と卵白に分ける
・卵黄に水を加える
・卵白を溶きほぐし、大さじ1杯を取り分ける
・バターをレンジで溶かす
いちかげ
いちかげ

下準備が意外と多い!

私はこの下準備に1時間ほどかかってしまいました。

 

型紙を切るだけで30分経過

下準備で1番大変だったのが、型紙です。

いちかげ
いちかげ

はさみで切るだけだから、息子でもできるかな?

むすこ
むすこ

ぼくがやる~

hexen-house

細かいのや、穴を開けなければいけないのや…
とにかく数が多い!

むすめ
お手伝いしたいむすめ

このちっちゃいの、捨てていい?

いちかげ
いちかげ

それダメ!使うやつ!!

hexen-house

結果、6歳に任せるのはすんごく危険でした。
息子本人も早々に無理だと判断して、お母さんにバトンタッチ。

hexen-house

結局、すべて私が切ることになりました。
型紙を切りとるだけで30分

いちかげ
いちかげ

ずっと下向いて集中したから首が痛いよ…

 

やっと生地づくりにとりかかる

hexen-house

下準備開始から1時間。
やっとヘクセンハウスの生地づくりにとりかかれました。

子どもたち
子どもたち

クッキー!
早くつくろ~

いちかげ
いちかげ

この時点で疲労困憊…

正直、つくりはじめてすぐ、え?ほんとに所要時間180分?
って感じでした。

 

子どもたちがヘクセンハウスの生地づくりに参加できた工程

子どもたちと一緒につくろう!と購入したヘクセンハウスのキットだったのに、難易度が高く実際に子どもたちが参加できた工程が少なかったです。

6歳と4歳が生地づくりに参加できた工程
①溶かしバターと砂糖を混ぜ合わせる
②クッキーミックスを①とを手で混ぜ合わせる
③②にココアパウダーと抹茶で色付け
 
工程① 溶かしバターと砂糖を混ぜ合わせる

hexen-house
溶かしバターと砂糖を泡だて器で混ぜ合わせます。
これはトロトロな状態なので子どもたちの力でもできました。

 

工程② クッキーミックスを①とを手で混ぜ合わせる

hexen-house
これは子どもには硬くてちょっと難しい…
私がヘラであらかた混ぜてあげた後、子どもたちが順番に手でコネコネ。

お菓子づくり・お料理・取り分け…一家に一本あるととっても便利♪

 

工程③ ②にココアパウダーと抹茶で色付け

hexen-house
少量の生地を取り分けて色付けします。
170gのココアは6歳息子、50gの抹茶は4歳娘が担当。

この工程はそれぞれ子どもたちだけの力でできました

子どもたち
子どもたち

コネコネ楽しい!

いちかげ
いちかげ

やっと参加させてあげられてよかった

 

クッキーづくりの醍醐味「型抜き」がない

子どもとクッキーづくりと言えば「型抜き」が楽しい工程ではないでしょうか?

ところが、この無印良品のヘクセンハウスにはクッキーづくりの醍醐味である「型抜き」がありません

薄く伸ばした記事をナイフでカットします。

hexen-house

いちかげ
いちかげ

直線や曲線ばかりで小さい子どもには難しいし危ない

ここでも悪戦苦闘している母を見て察したのか、参加できなくて飽きたのか、おとなしく兄妹であそんでくれていました。

子どもたち
時々せかしに来る子どもたち

ねぇ
まだぁ~?

生地を焼く→焦げる→焼き直し

生地を混ぜ合わせ始めてから1時間。
下準備から合わせると2時間経過してしまいました。

型紙に合わせてカットしたヘクセンハウスの生地を焼きます。

わが家のオーブンレンジは2段で焼けるヘルシオです。
一気に全部焼けるかもしれないと思いましたが、入りきらず。

2回に分けて焼くことにしました。

いちかげ
いちかげ

焼いている間に次の生地をカット

説明にあるように170℃で15分設定しましたが、なかなか焼き目がつかず、何度か延長しました。

hexen-house

そんなことを繰り返していたら、なんと抹茶パーツが焦げてしまったのです。

子どもたち
子どもたち

これじゃーみどりじゃなくて茶色だよ!

いちかげ
いちかげ

抹茶だけ生地が薄かったのかな?
余分があってよかった…

生地のカットをし直して、再度オーブンへ。

hexen-house

生地の余りで少し型抜きクッキーができました

すべてのクッキーが焼きあがったのはさらに1時間半経過した後でした。

 

タイムアウト!ヘクセンハウスの組み立ては後日へ

下準備を開始してから3時間。
昼食後から始めたので、すでに夕方になっていました。

いちかげ
いちかげ

今日はもうおしまいにしよう!
お母さん、夕飯つくらきゃ

子どもたち
子どもたち

えーーー

大ブーイングの子どもたちをなだめて、ヘクセンハウスの組み立ては2日後の祝日に行うことにしました。

 

子どもと無印のヘクセンハウス!組み立てて達成感…いや、また後悔?

hexen-house

2日後は午前中からヘクセンハウスの組み立てにとりかかりました。
※クッキーパーツは念のため冷蔵庫で保管していました。

 

アイシング接着に悪戦苦闘

すべてアイシングでくっつけて組み立てます。

いちかげ
いちかげ

こんなに重たいクッキー、くっつくの?

という不安は的中!

くっついたかと思うとズレ落ち、再挑戦しようとするとアイシングが固まっている…
という負のループに陥りました。

壁や屋根が接していないところがあり、すき間を埋めようと、みるみるアイシングが減っていきました。

hexen-house

いちかげ
いちかげ

おうち組み立て中は必死過ぎたのと手が離せないのとで写真が撮れませんでした

 

アイシング追加

付属の粉糖でつくったアイシングが底をつく前に、自宅に余っていた粉糖でアイシングを追加しなければならない事態になりました。

義母
同居の義母

粉糖あるよ~

いちかげ
いちかげ

ナイスばーば!!

 

子どもたちは組み立て作業に参加できたのか?

実は少しだけですが、子どもたちも参加できました

hexen-house hexen-house

ツリーやはしごなどの小さいパーツは4歳の娘でも組み立てられたのです。

むすめ
むすめ

わたしもやっていいの?

ついに完成!達成感より開放感が勝つ

hexen-house hexen-house

hexen-house hexen-house

もうできないんじゃないかとまた何度も後悔しましたが、なんとか完成しました!

所要時間は合計して約6時間

アイシングにアイシングを重ね、見本写真よりも豪雪地帯のお宅になりました

子どもたち
子どもたち

わぁ~
雪がいっぱいだね!

いちかげ
いちかげ

アイシングほぼ2倍だからね…
極甘だろうね…

やっとのことで完成して、達成感!
…というよりも、やっと終わったという開放感でいっぱいでした。

いちかげ
いちかげ

お母さん、ちょっとポールさんと寝てきます
※ポールさん=わが家のストレッチポールの愛称

ポールさんの上でしばらく力尽きていました

 

子どもたち
子どもたち

おかーさーん!
おうち食べていいー?

いちかげ
いちかげ

ダメに決まってるでしょーー!!

はじめてのヘクセンハウスづくりで出た結論

今回生まれてはじめてヘクセンハウスをつくりました。
しかも、はじめてなのに生地から!

いちかげ
いちかげ

正直、甘く見てた…
後悔してる

【結論】
これは小さい子どもと一緒につくるものではなさそうです。

ナイフを使ったり、力が要る工程もあるので、小学校の高学年のお兄さん・お姉さんとつくるなら一緒に楽しめるかもしれません。

 

小さいお子さんとヘクセンハウスをつくるなら おすすめ3選

後悔した…とは言っても、ヘクセンハウスが完成した時、子どもたちはとっても喜んでくれました。

次つくるなら、もっと手軽でもっと子どもたちが参加できるヘクセンハウスがいいなと探してみました。

日本のクリスマスの定番はやっぱりケーキ。
だけど、今年は気分を変えてヘクセンハウスも候補に入れてみてはいかがでしょうか

※画像をクリックすると商品の詳細をご覧いただけます。

 

【無印良品】自分でつくる 組み立てる ヘクセンハウス

hexen-house
無印良品ネットストアより

まずは同じ無印良品から。
うちの息子が選ばなかった方の「自分でつくる 組み立てる ヘクセンハウス」

こちらはクッキーパーツを組み立てるだけで「お菓子の家」が手軽に作れるキットです。
アイシングはつくりますが、できあがっているクッキーを組み立てるところからスタートなので難易度がグッとさがります

いちかげ
いちかげ

これならきっと小さい子どもと一緒に楽しめそう

むすめ
むすめ

ピンクがかわいい

【ブルボン】プチクマ お菓子のおうち

おうちの壁はチョコレートを溶かして固めてつくります。
クッキーを焼くよりも断然お手軽!
アイシングを絞り出す苦労がないのもいいところですね。

ウエハースやプチシリーズのお菓子で屋根をつけたら完成です。

いちかげ
いちかげ

チョコレートだから服につかないように気をつけたいね

子どもたち
子どもたち

チョコレートも大好き!

【ロイズ】チョコレートの家

あの有名チョコレート店「ロイズ」からもチョコレートの家が!
味が間違いないことはもちろん、お家も雪だるまもとってもかわいくて食べるのがもったいなくなっちゃいそうですね。

いちかげ
いちかげ

別売りのカラフルなデコレーションセットもあるよ

 

【ありがとう本舗 焼き菓子うさぎ堂】お菓子の家組み立てキット

焼き菓子屋さんがひとつひとつ丁寧に焼き上げたクッキーたちが真空パックで届きます。
こちらも組み立てからスタートなので、難易度が下がりますね。

色のついたアイシングもつくれるので、カラフルでかわいいお家ができそう。

いちかげ
いちかげ

焼き菓子屋さんのクッキーだって!

子どもたち
子どもたち

おいしそーう

ちなみに…ヘクセンハウス、食べました

hexen-house

完成から2日後、ついに必死でつくったヘクセンハウスを食べました!
食べ物ですからね。
壊すのは名残惜しいけど、おいしく食べられるうちにいただかないと…

hexen-house hexen-house

いちかげ
いちかげ

思いきり豪快にいきましたよ

子どもたち
子どもたち

やっと食べれるー!

hexen-house

開封から5日後に食べたら少し湿気ていました。
でも、もともと硬めのクッキーだったので、食べやすい硬さになっていましたよ(笑)

 

タイトルとURLをコピーしました